◆【レビュー】タスマニア物語◆


■タイトル タスマニア物語
■プラットフォーム ゲームボーイ
■ジャンル アクション
■発売元(開発元) ポニーキャニオン
■発売日 1990年7月27日
■価格 3,090円(税別)


 言っておきますけど別に私はクソゲーコレクターじゃありませんよ!
と言ってるのに、某氏より「ヤバイからやってみて」と、唐突にソフトを譲り受けてしまいました。
ううーむ、なんだかなぁ〜。
で、そのソフトというのはコレ。



   
『タスマニア物語』

なんか昔こういうタイトルの映画があったらしいです。
(観たこと無いので知りませんが)
検索すると、どうやらDVDにもなってるくらいメジャーな映画みたいで。
このソフトはどうやら映画のゲーム化といったところでしょうか。
まぁ、よくある話ですよね。

 ■とりあえず電源を入れてみた

 しかし今更ゲームボーイのソフトをプレーすることになるとは…。
ゲームボーイアドバンスがゲームボーイとの互換を持っていて良かったと思いました。
さぁ、電源を入れてみましょう。



   



お、ゲームボーイにしてはけっこう頑張ってるじゃあないですか。
ふむふむ、タスマニアタイガーね。
あ、もしかしてこのタイガーを見つけるためにパッケージの少年達の旅が始まるってところですかね。
なんとなく先の展開の予測がついてしまいましたよ。




















   










 …え。










 オープニングあれだけですか!!

っていうか何コレ? アクションゲーム?!

   

えーっと、システムはマッピーのそのまんま
トランポリンで跳ねて、画面中のアイテムを全部取るとステージクリアといった感じですね。
ただし、画面はスクロールしません
ちなみにコアラを取ると500点加算されます。











 すでにこれはタスマニア物語と呼べません。




しかも尋常じゃないくらいムズイし。




いやー、それにしてもこの主人公の変貌はすさまじいですね。

   


 変わりすぎ。


 
 ■総評

 映画「タスマニア物語」のファンの方は間違っても購入しないようにしてください。


※2006/10/16追記
最初の画面にいる敵キャラ(4体いるやつ)は「タスマニアデビル」だそうです。

(2004/01/18)

BACK