◆【レビュー】スーパーロボット大戦GC◆

     

■タイトル スーパーロボット大戦GC
■プラットフォーム ゲームキューブ
■ジャンル シミュレーションRPG
■発売元(開発元) バンプレスト
■発売日 2004年12月16日
■価格 8,190円(本体7,800円)

 



 ゲームキューブに待望のスーパーロボット大戦登場!………って、ポリゴンかよ!
キューブユーザーの大半はそう思ったのではないでしょうか。
まぁ遊んでもないのに非難するのはどうかと思うので、一通り遊んでみました。
出来の方を語ってみたいと思います。

 ■ポリゴン
 
 まず気になるのはポリゴンでしょうか。
DC版αでけっこうイタイのを見せつけられましたから、
今回もかなり不安になっていたのですが…。

 これが意外にも思ったより出来がいいんです。

DC版αの反省でしょうか。動きからエフェクト、テクスチャも細かいところまで作られていてかなりカッコイイです。
まぁ変に懲りすぎてアニメーション長すぎな場面も多いですが。

思ったより出来が良かったポリゴン

 ■新システム「ダメージ部位制」
 
 毎回新システムが導入される最近のスパロボですが、
当然今回も新システムがあります。それが「ダメージ部位制」。
部位には「BODY」「HEAD」「ARM」「LEG」の4種類があり、
それぞれに耐久度が設定されているというものです。

具体的に説明すると、
 「HEAD」を破壊されると「命中・回避率ダウン」、
 「ARM」を破壊されると「攻撃力ダウン」、
 「LEG」を破壊されると「移動力ダウン」、
そして「BODY」を破壊されるとユニット破壊、
…となります。

 これを知った時は「フロントミッションみたいで面白そうー!」と思ったものですが、実際はサイズ差(後述参照)でもない限り自動的に「BODY」が選択されているので、意識しない限り部位攻撃を見ることはありません。
しかもスキル「狙い撃ち」か精神コマンド「狙撃」を使わないと部位攻撃が設定できません。
あくまでオマケ的要素が強いこのシステム。
最終的にあまり意識して使うことがありませんでした。

さらに付け加えると、別に部位が破壊されたからといってグラフィックが変化するわけでもありません。もう少し頑張ってくれよ〜。

戦闘開始画面 今回はかなりゴチャゴチャしてます
青色のゲージが各部位の耐久度を示す


 
 ■サイズ差

過去のロボット大戦にもロボットごとのサイズ設定はありました。
ロボットごとにある「S」「M」「L」「LL」という記述です。
これが今回は頑張っています。

 ●Sユニットは回避率は高いけど攻撃力は低い
 ●Lユニットは攻撃力が高いけど、回避率は低い

…と、ここまでは過去のシリーズと同じなんですが、今回は…

 ●SユニットはLサイズユニットに対してBODY攻撃が行えない
  (各部位を全て破壊すれば攻撃可能)
 ●LユニットはSサイズユニットに攻撃できない武器が多い

と、まぁそれぞれのサイズに微妙なハンデが付け加えられてます。
序盤はユニットのサイズ差がほとんどない(Mユニットばかり登場する)ので意識することはないんですが、ストーリー後半に入るとレイズナー系ユニット(Sサイズ)や戦艦系ユニット(Lサイズ)が多数登場するようになるので、攻撃する時たまに混乱します。

 あと、特筆すべきは今回ロボットがポリゴンなので、見た目的にもサイズ差をハッキリ見ることができます。
これは2Dでは絶対に再現できないところです。かなり新鮮。

サイズL(アプサラス) vs サイズS(レイズナー)
ハッキリとサイズ差が見て分かる
 
 ■総評

 ポリゴン、部位製、マニアックな参戦ユニット、相変わらず売れてないハードでは好き勝手やるメーカーですね。
いや、そういうところが好きなんですけどね。普通のスパロボに飽きてる人は一見の価値ありです。
今回、サブシナリオという資金稼ぎのシナリオが合間合間に用意されているので、難度的にもそんなに高くありません。
操作性も様々なショートカットボタンも用意されていて極まっている感じがします。ものすごく快適。

 ただ、シナリオの大半が一年戦争もので構成されていて、新ユニット「ライジンオー」や「J9」、「ダイオージャ」、
「マジンカイザー」を消化しきれてないのがもったいないところかな、と。
せっかくこれだけ個性的なユニットがいるんだからもっとメインで展開してもよかったのになー、と思いました。
「ジーン」、「デニム」くらいなら分かるけど、「トクワン」、「タチ」、「コンスコン」とか声付きで登場されてもなぁ(笑
初代ファンの方は嬉しいんでしょうけど。
 さらにダンクーガ系悪役ユニットもご丁寧に声付きで登場。
シャピロの戦闘メカにも名前を付けてしまう力の入れよう。(原作者にお願いして命名してもらったらしい)
別方向のベクトルに思いっきりエネルギーを注ぎ込んだ。マニア向けのスパロボといったところでしょうか。
あと、J9シリーズが勢揃いした初のスパロボなので「イエーイ」を聞きたい方は買い、ってところですかね。

総合的に見て無難な作りといったところでしょうか。
珍しいものに飢えている方は是非。
 

(2005/01/16)

<コラムTOPに戻る>