◆【レビュー】絶対無敵ライジンオー◆

    

■タイトル 絶対無敵ライジンオー
■プラットフォーム ゲームボーイ
■ジャンル アクション
■発売元(開発元) トミー
■発売日 1991年12月28日
■価格 3,200円(税別) (頂き物なので購入価格は分かりません)

「タスマニア物語」、「うお〜ズ」、と続けて提供してくださったTさんからの提供品もこれでラスト。
そのタイトルとは、「絶対無敵ライジンオー」!!
いやー、懐かしいですねー。アニメは毎週観てましたよ。
さてさて、ゲームのほうは一体どんな感じなんでしょうか。
どれだけガッカリさせてくれるか期待も膨らみます。
さっそく見てみたいと思います。



 ■地球防衛組、出撃!




 勉:   「マリアさん、街で邪悪獣が大暴れしています!」



 マリア: 「地球防衛組、出撃!」



 仁:   「よっしゃ! 剣王、いくぜ!」










 

 仁:   「でたな、邪悪獣、
      剣王の攻撃を食らえ!
      オラオラオラオラオラ・・・・!」



 マリア: 「ちょ・・・仁! ストップストップ!!」


 仁:   「何だよ」


 マリア: 「仮にも地球防衛組なのよ?
       ケンカキックはやめて!
       イメージが壊れるわ
       他にも武器が用意されてるんだから」



 仁:   「そ…そうか、
       …よーし!!」











 

 仁:  「剣王ブレェェード!!!」


 吼児: 「大変だよ、仁くん、
      さっきと射程がほとんど変わってないよ!」



 飛鳥: 「まったく見ていられないな
      ここは鳳凰に任せておけ



 仁:   「なに!」










 

 飛鳥:  「鳳凰の攻撃、受けてみろ!」


 仁:   「・・・」


 飛鳥:  「・・・」



 仁:   「・・・おい、飛鳥」


 飛鳥:  「なんだ」


 仁:   「俺には攻撃が当たってるのかどうか分からないんだが
      一体どこが攻撃判定なんだ?」



 飛鳥:  「羽根の先だ」



 仁:  「当たってねぇよ!」


 吼児: 「落ち着いて二人とも!
      ここは僕の獣王に任せて!」











 

 吼児: 「獣王、いくよ!」


 仁:   「・・・」


 吼児: 「どうかした?」


 仁:   「いちおう聞いておこうか
      攻撃判定はどこだ?」



 吼児: 「うん、爪先だけど?」


 仁:   「お前ら絶対やる気ねぇだろ」









 マリア: 「もう、3人ともしっかりして!
       ライジンオーに合体よ!」


 仁:   「いくぜ!
      
ライジンオー・無敵合体!











 

 

 仁: 「絶対無敵!ラーイジーンオーッ!」










 

 吼児: 「大変だよ、仁くん、
      剣王とグラフィックがあまり変わってないよ!」



 仁:   「うるせー!」


 マリア: 「まずはライジンシールドを使って!
       敵の攻撃を防ぐのよ」



 仁:   「シールドだな
       へへ、ようやくロボットっぽくなってきたぜ
       よーし・・・」











 
 
 仁:   「ライジンシールドッ!!」


 マリア: 「ちょ・・・バカッ!
       なにシールド投げてるのよ!
       全然使い方違うわよ!!」



 仁:   「トドメだ!!」(聞いてない)





 

 仁:  「ゴッドサンダークラーッシュ!!」


 飛鳥:  「・・・」


 吼児:  「・・・効いてないね」


 仁:   「・・・」




















 仁:   「うわぁぁーっ!!!」















 

 仁:   「ゴッドサンダークラッシュ!
       
サンダークラッシュ!
       
サンダークラッシュ!」


 飛鳥:  「お・・・おい、落ち着け、仁!」


 吼児:  「仁くん! 敵に接触しすぎだよ!
        このままだとライジンオーが!!」



 仁:   「おおおぉぉぉーっ!!!」















 















 ■総評

見かけても買っちゃダメです。

 

<コラムTOPに戻る>