◆【レビュー】『斬撃のREGINLEIV』◆

     

■タイトル 『斬撃のREGINLEIV』
(ザンゲキのレギンレイヴ)
■プラットフォーム Wii
■ジャンル 斬撃アクション
■発売元(開発元) 任天堂(サンドロット)
■発売日 2010年2月 11日
■価格 6,800円((税込)

 



 楽しい。楽しすぎる。これほどまでにWiiリモコンを「振る」ことが楽しいと思えるとは。
Wii発売から4年弱。これまで様々なゲームが発売されたが、なんだかんだでクラシックコントローラで遊んだほうが楽しかったりと、無理矢理リモコン使ってみました的な従来と何ら変わりないゲームがほとんどだった。
しかしようやくアクションゲームの革命と言っても過言ではない「Wiiリモコンならでは」と言えるゲームが誕生した。


 ■システム

 ワラワラと向かってくる無数の敵を剣や魔法で斬り刻む3D斬撃アクション。制作はあの「サンドロット」。つまり『地球防衛軍の北欧神話版』と言えば分かりやすいか。破壊の気持ち良さは保障済みだ。
しかし見た目や基本的なルールは地球防衛軍に似ているがいざプレーしてみるとかなり別物と分かる。冒頭でも触れたが、本作は既存のゲームにはない独特な操作方法となっているのである。

 使用するコントローラは「Wiiリモコン+ヌンチャク」。
(一応クラコンにも対応してるが、正直オススメできない)
ヌンチャクでキャラ移動、リモコンを動かすことで装備している武器で攻撃する、…と言葉で説明すると大したことなさそうな感じである。
が、しかし。このリモコン操作の種類が尋常ではない。

例えば剣。
リモコンを振った方向に中のキャラクターもシンクロして武器を振る。
横一直線に切れば横一列に並んだ雑魚敵を一掃、縦に振り降ろせば高威力の斬撃で硬い敵を一撃、振り上げれば敵を上空へとかちあげる。また振った速さによって威力も変化する、という具合に「振る」という操作ひとつでもとにかく凝っているのだ。

若干慣れるまでコツがいるが、いざ馴染んでしまえばキャラとの一体感がハンパない。敵キャラクターの狙った部位をザクザクと好きな形に破壊できるようになったときの快感といったら他にたとえようがないほどである。
剣以外にも「槍」「弓」「魔法」など、独特な操作方法を持った武器が300種類も用意されており、新しい武器を手に入れるたびについ効果を見てみたくなり次のステージを遊んでしまうという、非常にヤメ時が難しい中毒性を持っている。

 ホント、よくWiiリモコンをここまで上手くゲームとして料理したものだと感服する。これこそまさにWii発売当時に夢見たアクションゲームの完成系と言えよう。


剣。 リモコンを「振る」ことで斬撃を繰り出す。
ザクッという効果音が実に気持ちいい。
ちなみに「振る」と言っても軽く先端を揺らす程度でOK。
それほど疲れるということはない。


槍。 画面に向かって「突く」操作を行う。
攻撃範囲は狭いが数発で敵を吹き飛ばすほどの威力。


弓。 リモコンを手前に「引き…放つ」操作を行う。
キリキリ…と引く音がリアル。
 ■底なしのやり込み要素

 300種類の武器をコンプリートするだけでも十分なやり込み要素といえるのだが、それだけでは終わらないのがサンドロットというメーカー。
毎度恒例の5段階の難易度は今回も健在。
しかも今回は敵AIが非常に良く出来ており、最高難度ともなれば全敵が全力でこちらを狙ってくるという素敵な光景を見ることが出来る。たかがCPUと甘く見ていると即死させられるというコアゲーマーもビックリなゲームバランスとなっているので、やり応えを求めてる方も安心だ。
(もちろんイージーモードもあるのでアクション苦手な方も大丈夫)

 また本作はオンラインプレーにも対応。
当然ながら利用料無料。それでいてロビー完備、フレンド以外といつでもプレー可能、他プレーヤーとは敵キャラまで完全同期、というクオリティは驚きである。 ステージ数や敵数もオフラインモードより多くなり、さらにやり込み度アップ。いったいこのソフト1本でどれほど遊ばせてくれるんだってくらいのサービス度である。


本作もうひとつのウリは「敵がデカい」ことである。
とにかくデカい。雑魚でもデカいが、ボスキャラともなると画面に納まらないくらいデカい。

オンラインモードのロビーはこんな感じ。
自分で部屋を作ることも、他人の部屋に入ることも可能。
 ■総評

 リモコン1本でよくまぁこれほどアイデアが出てくるな、と。そしてそのどれもがゲームとして面白く仕上がっているからスゴイ。「あぁ、Wiiリモコンってこういう使い方できるんだ。」「ゲームってこういう遊び方あるんだ。」と、初回プレーからエンディングまでテンションあがりっぱなしで一気にプレーしてしまった。これって従来型のコントローラでは絶対再現できない面白さだよな。

不満点は…ないわけでもないが。あってもゲームに支障ない些細なもの(女性キャラの顔があんま可愛くないとか、タイトル画面がB級臭いとか)のみで、良い点がそれらを帳消しにしてしまっているので問題なし。
アクションゲーム好きは当然買い。Wiiスポーツリゾートでモーションプラスを既に持ってる人も買い。あと、なにげに女主人公フレイヤの声がマクロスFのシェリルの声だったりするのでシェリル派な方も、それと主人公キャラのパンツが常にチラチラと見えてるのでパンツァーな方も黙って買い。とにかく見た目だけで敬遠してる人は勿体ないですよー。このゲームは触ってナンボですから!

 余談だけど、サンドロットのゲームの魅力って、一言で例えると「少年時代の夢」なんだよね。
巨大な敵と、爽快に破壊出来るオブジェ。まさに80年代特撮モノにハマった少年時代を過ごした者なら「一度はやってみたい!」と憧れたシチュエーションを実現してくれる夢のようなメーカー。「遊びのプロ」だよ。次回作も楽しみだ。


<コラムTOPに戻る>