◆【レビュー】『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』◆

     

■タイトル ゼルダの伝説 スカイウォードソード
■プラットフォーム Wii
■ジャンル アクションアドベンチャー
■発売元(開発元) 任天堂
■発売日 2011年 11月 23日
■価格 通常版 6,800円(税込)
ゼルダ25周年パック 8,800円(税込)

 



 5年ぶりの据え置き新作ゼルダ!「過去最高のボリューム」とのことでプレー前からワクワク感が抑えきれない。
最近は据え置きゲームやる時間がなくなったけどゼルダは別腹。一気にラストまでプレーしたのであった。



     ※本レビューはネタバレを含みます。未クリアの方の閲覧はご注意下さい。



 ■モーションプラス本領発揮

 最初に注意。このゲーム、モーションプラス「専用ソフト」である。
レギンレイブみたいな「対応ソフト」とは違いモーションプラスがないとそもそもゲームが起動しない。そのためモーションプラス同梱版なるものが発売したのだが。手に入らなかった人は別途購入する必要がある。(現在発売のWiiはモーションプラスが標準装備だけど)
しょっぱなからハードルの高さを強いられるが、専用タイトルにしたのは大正解。これまでのWiiソフトの中でもダントツでモーションプラスの恩恵を感じられるゲームに仕上がっているからだ。

 例えば、今までの基本アクションである爆弾を「投げる」動作もリモコンを「振る」操作に変更。それだけでなく、「転がす」「カーブを描く」まで出来るようになった。
他にも鳥の飛行を「傾ける」、扉のロックを「ひねる」、虫とりあみを「素早く振る」、などなど。ありとあらゆるリモコン操作を詰め込みまくったまさにWiiゲームの集大成と言っても過言ではない作り込みようである。

 もちろん剣もリモコン操作に対応。上下左右斜め突きの攻撃をプレイヤーの動きとシンクロ、さらに剣を振りかざす速度まで感知するという徹底ぶり。そんなわけで戦闘が大幅に進化。今までのシリーズみたいにタイミングよくボタンを押してるだけな単純作業ではない。常に「斬る方向」を要求される真剣勝負が求められる。


      これが本当に面白い。


 敵との対面時、瞬時に弱点を探さなくてはならない緊張感が常につきまとう。これが主人公リンクとプレイヤーの一体感というか、これまでのゲームでは味わったことのない臨場感を作り出している。
当然ボス戦も大化け。これまでのシリーズは「弱すぎる」と不満だったが、程よいな歯応えと頭脳プレーが要求されるようになった。ボス戦だけでゲーム一本として売ってもいいくらいの病みつきになる完成度だ。


大幅に進化した戦闘アクション。
ジャイロなのでセンサーバーを気にせず遊べる。



ボス戦タイムアタックモードもある。
何度も遊べるのは嬉しいところ。
 ■ちょっと残念だったところ

  ゲームシステムは文句なしに満点。リアル系とトゥーン系の中間ともいえる絶妙なグラフィックも美しく満足。だがしかし、全体的な評価をするに当たって何かが引っかかる。

 その引っかかる点とはマップ関係。

 今回の舞台は空。主人公の拠点となるスカイロフトという街は空に浮いた大陸である。故にそこから地上にある世界へ飛び降りてダンジョンを探し、攻略していくという流れになっているのだが…。過去シリーズで例えるなら「風のタクト」のようなタイプ、といえば伝わりやすいか。これがね。箱庭好きの自分としてはガッカリだった。いや、もちろん全ての世界を合計すると過去最大級のマップの大きさではあるのだがね。ただねぇ、繋がっていて欲しかったなぁ、と。馬で広大なフィールドを駆け巡りたかったなぁと。
まぁこれは逆にこれまでの移動が面倒だったという人には朗報かもしれないけど。

 あと探索できる世界のバリエーションの少なさ。3種類しかないのはいただけない。最初に森・火山・砂漠、と3回攻略したかと思うと次の目的地はもう一度同じ3ヶ所に行ってこいという使い回しぶり。
まぁもちろん同じ3ヶ所といってもダンジョンはそれぞれ別に作ってあるんだけど。もっとバリエーションを増やしてくれよと。氷の山とか、空の城とか、トワプリではいろいろやってくれたじゃないかと。

空から飛び降りるとこのような選択画面が表示される。


マップの作りこみ自体は素晴らしい。バリエーションがもっと欲しかった。
 ■総評

 遊び心が詰まった、久々に新しいタイプのゼルダに出会えた。この操作性ならシリーズの未来もまだまだ捨てたもんじゃない。
しかしリモコン操作を「楽しい」と感じるか「面倒」と感じるかで評価が別れるかな。そういった意味では万人にはオススメできない。
また、たしかに「過去最高のボリューム」ではあったが、トワプリの欠点を克服した代わりにトワプリの良かった部分が失われていて、「シリーズ最高」ではあるが「完璧」ではないというか、あとちょっとなんだけどなぁといった感じ。

しかしこれはあくまでシリーズ経験者の愚痴に過ぎない。やはりWiiソフトの中ではダントツのクオリティ。
ボタン押すだけのゲームにマンネリを感じてる方は是非ともプレーしてほしい。ゲームの未来を感じられるだろう。
あとクリア後は高難易度モードも遊べるのでやりこみ派の人にもオススメ。


<コラムTOPに戻る>